危険がいっぱい

電車のホームが危ない。
交差点が危ない。
携帯スマホが危ない。
歩道が危ない。
など、挙げればキリがない。

ホームでも交差点でも、先頭に立つのはやめた方が良い。
歩道では、ウインドウなどを眺めながらあるくのは危ない。
もっとも、これは歩きスマホと同質の危険だ。

携帯スマホの危険はもうかなり危険な事態に至っているようだ。
便利この上ない携帯スマホだが、それ以上の危険が育って来ている。

電車のホームでは、いつ誰がバランスを崩し線路にドミノ倒しになるかわからない。
いつ誰が意図的に背中を押すかわからなくなった。

交差点では、止まるべき車は止まるだろうとの想定で渡り始めるのは危ない。
止まるべき車が止まらないばかりか、あらぬ方向からブレーキとアクセルを間違えた車が突進してくるかわからない。

携帯スマホでは、巧妙な危険サイトの罠にはまりやすい。
特に、老人はミスタッチによる危険の呼び込みがある。

視力が落ち、多少ブレる指先で意図に反してタッチしてはいけないメールや広告にミスタッチして、危険メールの洪水に喘いでいるようだ。

利便性と危険性は両輪でやってくる。

新米若造の無謀運転を上回る高齢ドライバーの惹起する事故は痛ましい。

多少は不便でも、安全な生活を営んだ方がよさそうだ。

安全な生活は、テレビコマーシャルとは無関係なところにあり、其処は個人の工夫によって可能な限り快適な生活が営めるようだ。

特に、年寄りは妙に現代的ぶらない方が安全なようだ。
スポンサーサイト
.16 2017 未分類 comment0 trackback0

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://ebsbenkei.blog129.fc2.com/tb.php/688-9923de8b

プロフィール

Author:須藤文弘




歯科医師(1942年2月生まれ)
医事評論家
歯科医療コンサルタント
NPO法人日本歯科保健機構 理事長
東京医科歯科大学 昭和43年卒

 

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR