お笑い番組の政治家

「政治家の言葉が軽い」とは近頃よく言われている事である。恐らく、我々日本人の言葉自体が軽くなっているのであろう。あるいは、軽い表現しか遣わなくなったと言った方が適切かもしれない。

ことさら政治家の言葉が軽いという事は、政治家には、あるいは責任ある立場の人には「重い、内容のある言葉」を遣って欲しいという願望が込められているということである。

久し振りに「民放」の政治家出演番組を幾つかみてみた。相変わらずの顔ぶれで、「幼児化」しているのか「未成熟」なまま政治家になったのか判然としない出演者に悪寒が走った。

NHKの政治討論番組は「民放」に比較すれば落ち着いて聴く事が出来る。司会者が「民放」との格差を明確にする為に出演者に「行儀よく」話をさせるべく細かな配慮をしている所為である。出演者も、この番組ならば安心して話せるという確信があるのか、「民放」に比べて比較的「大物」が出ている。
「民放」でも日曜日早朝の番組には、「じゃじゃ馬馴らし」さながらとでも言うか、野牛の群れを鞭で矯正しながらなんとか時間内に一応の容をつけるべく、懸命の努力をしながら大汗をかいている司会者の居る番組がある。学級崩壊教室の教師のようである。

問題なのは、「芸能人」が司会する「政治家出演番組」である。これらに共通しているのは、各党、特に自民党と民主党の議員を角突き合わせて、政治家の「喜劇的、悲劇的」場面作り出すことにある。パンとサーカスの広場の「生贄」である。

国民に「政治家の浅ましい姿」を見せることによって政治家の権威を失墜させ、国民が政治への期待を抱かないように仕向けているとしか考えられない。「笑いをとる」ことを生業とする「お笑い芸人」等に「いいようにあしらわれている政治家」の言動を視聴させることによって、本来権威があってしかるべき存在を「水に堕ちた犬」のごとく凌辱し侮辱して見せることで「ショー」を構成し、国民の溜飲を下げさせるのが主眼になっている。

出演する政治家もその辺のところをよく理解しているのか、番組が要求するとおりに実に忠実に演戯をしている。「お笑い芸人」も顔負けといった趣がある。ストリートのチンピラよろしく、肩をいからせ目を吊り上げて相手を罵倒するだけ、言説を吐き捨てるだけのバトルを展開して見せる。

本人の思考を「内言語」とするならば、党の方針に従って吐き捨てる言葉は「外言語」といえる。政策によっては党の方針とは微妙な違いがあっても当然である。しかるに、番組が求めて要る役割を演じようとするあまり、機関銃のように言葉を発しているものだから自分の言説の論理矛盾にも気が付いていない。

何故、国会議員が「芸能人の嬲り」に唯々諾々と従っているのか理解が出来ない。
・顔が売れて選挙に有利なのか。
・国会で重用されていないことへの憂さ晴らしなのか。
・出演料が魅力なのか。
・ただただ「目立ちたがり屋」にしかすぎないのか。

各党はこのような「政治家を娯楽の対象とする番組」への出演要請を拒否すべきであろう。個々の政治家との交渉が主体ならば出演を禁止すべきである。

どうしても、このような番組にも協力しなければならないならば(?)、出演者の選出に慎重な配慮がいるし、番組に一定の要求をすべきであろう。特に目につくのは自民党の議員で、東大法卒農水官僚上がりのK氏については、自民党の評価を著しく低下させ、党の品格を貶めこときわめて著しい。このような代議士を選んだ選挙区の「民意」には何ら言及するつもりはないが、党のためには一考を要すると言わざるを得ない。議員全体の品格の保全のためにも必要である。

民主党始め他党も「他山の石」としてはならない。
なぜならこのような「民放」の影響は軽視できないからである。議員を身近に感ずるという事と、議員が「軽い、権威のない者」であるということが同じであってはならない。

マッカーサーが米国議会で「日本人は12歳くらいだ」と報告したことはよく知られている。TV出現後、大宅壮一氏は「一億総白痴化」と形容したが、あれから数十年、我々日本人は果たして成熟したのであろうか、あるいは「白痴」の方が進行したのであろうか。

現在のような選挙制度では国民のレベル以上の政治家の選出は難しいと言われるが、もしかしたら、「お笑いショー」に出演して嬉々として役割を演じている国会議員は、演戯ではなく「地のまま」なのかもしれない。

「かくして誰もいなくなった永田町」が、諧謔を弄しているのではなく事実なのかもしれない。「総理」といって恥ずかしくない国会議員を想定できない最大の不幸に見舞われている「おかしくなった日本」なのではあるまいか。国会のねじれはそれなりの効果はあるが、「党のねじれ」はなんとか解消してもらいたいものだ。無駄にエネルギーを消耗するだけである。
スポンサーサイト
.20 2010 雑感 comment0 trackback0

無知蒙昧は知っている

参議院選挙は明後日。
各党の候補者の街頭演説を聴いてみたが、「国政選挙」にしてはあまりにも貧困な内容に今回も失望している。消費税・政治とカネ・公務員改革など聴きあきたと言えば失礼かもしれないが、消費税の問題は上げる理由と還元の仕方に虚偽の匂いが漂う。

政治とカネの問題は、新人・現職を問わず「あなた方にそのようなきれいなことが言えますか?」という質問を返したくなる。「公務員改革」は自民党政権時代からもう何年間叫び続けているのかとウンザリしてしまう。何をどうしたいのかが判然としない。

日本国国家公務員の本当のボスは日本国国会議員でもなければ内閣でもない。日本国国民の公僕たる国家公務員の指示待ちベクトルがどこを向いているのか国民は既に知っている。

「憲法九条」と「安全保障条約」と「地位協定」に吉田茂元総理が署名させられて以来、日本国は「牙も抜かれ爪をはがされた」ことを日本の国民は知っている。爾来60数年すべては米国の命令に従わざるを得ない「日本国」であることを知っている。

「社会党」も「共産党」も中国の指示やソ連(当時)の指導で出来たのではなく、米国の意図で創られたことも知っている。自民党が暴走しないように社会党が足を引っ張るように、共産党が「正義」を国民に訴えるように「構造的に構成された」事を知っている。

「自民党と社会党」が連立政権を立ち上げた時も、従来「国会対策」という裏技で駆け引きしてきたことを知っている国民は、国対のベテラン「村山総理」の誕生にもさして違和感を持たなかった。大騒ぎをしてみせたのはマスコミだけで、表と裏が止むにやまれず一体化しただけのことだという事を冷めた眼差しで見ていた。

この60数年間の日本の政治は、米国の「筋書きどおり」に行われてきただけである。

池井優・慶応大学名誉教授のマイケル・ブレーカー著『根まわしかきまわしあとまわし――日本の国際交渉態度の研究』(サイマル出版会, 1976年)を借りて言うならば、「沖縄基地問題」における鳩山由紀夫元総理の言動は、その祖父・鳩山一郎元総理の「日ソ国交回復」の動きと全く同じ轍を踏んだのではないか。「根回し」は何ら行われず「かきまわし」た揚句「あとまわし」なのか「ヤーメタ」なのか定かではないが、軽率な功名心しか透けて見えない。一国の総理大臣としての政治的センスのかけらもない、そこいらの三下議員のレベルと変わらない。

凡庸な筆者は難しい政治的なことは分かりにくいから、芝居に例えて「政治ドラマ」として鑑賞している。決して政治に無関心な訳ではなく凡庸な国民としてのレベルは維持しているつもりだ。

原作は米国、脚本も米国、演出は「霞が関官僚」。出演は「各党という各劇団」の合同公演。原作と脚本の翻訳に四苦八苦の末、数か所の誤訳もあるので、芝居がスムースに行くはずもない。オーディションは通過したが「研修中」の高額給与所得者を除きせいぜい100人ほどの役者が舞台に上がる。

さながら劇団四季の「サルまねミュージカル」を観るがごとき大根役者の芝居ぶりに原作者のお叱りを一身に受ける演出者も気の毒だが、脚本に「異議申し立て」を一切できない役者も気の毒。それでも、「俺こそが2枚目」とばかりに勘違いの張り切りボーイの取り扱いが難しい。

演劇には批評がつきもの。しかし、この批評も原作と脚本には触れられないという暗黙の制約がある。従って、政治評論家や学者・・否・・芸術を解する専門家や劇評家たちは、瑣末なことを評論の俎上にあげるしかない。

「あの二人が仲違い」とか「演出にこっぴどくやられたらしい」とか「あの役者とこの役者が出来ちゃったらしい」などである。恐ろしくて、「原作」や「脚本」の芸術性なんかに論を及ぼすことは金輪際出来ない。

このような鑑賞の仕方をしてみると、所詮「営業力はあるが」、原作から創造して「芝居」をすることが出来ないローカルな劇団であるとの悲哀から抜けることはできない。原作者も居て、脚本家と演出を自前で持っている他国の劇団からは「一人前」の評価は受けられない。「衣装がいいね」「舞台装置に金をかけているね」くらいなものであろう。

「六カ国協議」で、「拉致被害国」でもあり、何よりも「独立国」を標榜する日本が出席を拒否されるという不名誉極まりない事態にも、穏やかな反応を示す我々凡庸な国民であるからこそ「演出家」だの「スター」だのと威張っておれるという事を知らなければならない。

マスコミに登場する学者・評論家にたいしても「それぞれの立場」について寛容なるというか凡庸なる反応をする「術」を心得ている国民あっての存在であることを知らなければならない。

もう一日、本芝居の「幕開き」までの選挙というオーディションを愉しもう!
.09 2010 雑感 comment0 trackback0

無知蒙昧のエキス

 「官僚は大馬鹿者だ」と吐き捨てた菅総理が、官僚は優秀な専門家であり官僚の協力を得て国政を行っていきたいと大きく方針を転換したと批判されている。それは違うだろう。恐らく、政権を担当して現実路線を歩み始めたということであろうし、大人の見解を述べたのだろうと推察する。時間がかかる難事業だと解ったということであろう。

明治憲法体制下からの連続性の強い「霞が関官僚による政府」には時間の蓄積があり、その権力には惰力がついてしまっている。雪の球なら恐ろしく巨大な塊になっている。政権交代をして10カ月足らずの新政権がどう足掻こうとも敵う相手ではない。この課題は時間をかけて徐々に施行していくほかはないだろう。

佐藤優氏の言説によれば、「官僚は国民を無知蒙昧な有象無象」とみなしている。普通の国民を「お前たちは手足だ。我々が頭脳なのだから、手足は余計なことを考えずに、一生懸命に働いて税金を差し出せ」と考えている。そして、有象無象の国民から選ばれた国会議員は、「無知蒙昧のエキス」のようなもので、こんな連中の言うことをまともに聞く必要はないと思っている、ということらしい。

このような定義づけをして、表面では「全体の奉仕者」として狡猾に振る舞う官僚の意識を覆すのは容易なことではあるまい。何しろ、「無知蒙昧のエキス」が官僚から政治の実権を取り上げようというのだから、官僚たちは片腹痛くてしょうがないというのが本音であろう。

あるいは、心底「有象無象のエキス」である国会議員に政治主導などされては、「手足である国民が可哀想」だと本気で思いこんでいるかもしれない。「危なくてとても渡せたものではない」と。

明治以来今日に至るまで、否、敗戦から今日まで、「無知蒙昧で、官僚の手足」である我々は、我々の中から「馬鹿のエキス」を選出する「選挙」を繰り返してきていたことになる。しかも、官僚たちにせせら笑われながらである。

次に「どんなエキス」が登ってくるのか楽しみにされていただけのことだったのか!

我々国民の間でも似たような現象は多々あることは確かだ。
教育者は学童の親を馬鹿だと言い、医者は患者を馬鹿だと言い、商人は客を馬鹿だという。また、マスコミは読者や視聴者を馬鹿だと言い、小役人は市民を馬鹿だという。相手を見下し愚弄することで思考停止に陥り、なんとか自分たちの立ち位置を死守しているかのような現象は日常的であることも事実である。

しかし、官僚の場合はこのような悲壮感はない。なぜなら、彼らは心底そのように思い込んでいるし、それが真実だと確信しているからである。となると治療はかなり難儀なことになる。この病理を把握し、適切な処置を施せる医者は果たしているのだろうか。

財務省を頂点とする官僚のヒエラルキーの中で、下位と定義づけられている省の官僚を馬鹿にし合っているという。「馬鹿につける薬はない」と嘆く資格が果たしてあるのか無いのか。なにしろ、筆者らは「無知蒙昧な国民」なのだから。

鳩山前総理は「学べば学ぶほど米軍の抑止力が解った」と言う言説で、アメリカや日本の官僚及び財界やマスコミの強烈な圧力のことを表現したようだ。鳩山氏の稚拙な政治力は否定できないが、効果を焦りすぎる国民もまた我慢が足りない。

参議院とはいえ軽視することなかれ。今回の選挙で少しはまともな、否、優秀な「エキス」を選出して、民主主義国家らしく国民が選んだ国会議員が政治の主導権を確保してもらいたい。その国会議員たちが、本当に国と国民の為に奉仕したいという「まともな官僚(必ず居るはず)」を駆使して「まっとうな政治の容」を構築してほしいものである。

追記
外国大使まで歴任した元外務官僚の二人が、「生まれ変わったらまた外交官になりたいですか」と問われて、「勿論また外交官になりたい」それも「日本の外交官を相手にする外交官になりたい」と答えたそうだ。自分たちの無能ぶりを十分自覚している官僚たちも存在していることは確かである。深刻な実話である。
.18 2010 雑感 comment0 trackback0

信じがたいはなし

間もなく永田町は選挙モードに突入、いや、すでに中盤なのかもしれない。公示時はすでに終盤ということになる。投票には必ず行くが、選挙のたびに悩みが多い。

ソ連・中共に対する防波堤である事が保守であり、日本国土を不沈空母とまで表現して米国に尻尾を振った宰相が大物政治家ぶっている自民党に与したくない。生活保守レベルとまでは云わないが体制保守にしか過ぎない。

かって「ダメなものはダメ!」と絶叫した女性党首がいたが、直近では、「ゼ~ッタイ承認しない!」と二匹目のドジョウを狙った小学校の学級委員のような党首がいる政党にも与したくない。政権党として日本の政治を担当する筈もない故に無責任極まりない幼児的政党に与することが出来るわけもない。

大局観もなく、各論を幾つか掲げて得意然としている新党各党に国家の舵取りを託すことは当然ながら出来ない。

「生活が一番」だから何をするのかがよく見えてこない現在の政権政党。寄り合い所帯が故に右か左かも定かでない。対米・対中・対ロ・対EUをどうするのかを明らかに出来ない政権政党が存在する不思議。多少勉強が出来るらしい若手が多数居るようだが、どの人の話を聞いても反射神経は素晴らしく良いが、思索的な内言語を語るというよりは、薄っぺらな外言語をチャラチャラ披歴するばかりのこの政党にも託しきれない。

人物本位で選ぶほかはないが、どの候補者も情けないほど小粒になってしまった。芝居じみた小手先の技術を駆使した演説をするばかりで、しかも女性票狙いの媚を売る姿勢に失望している。

衝撃的な話を聞いたことがある。二人の自民党若手代議士(2代目・3代目)と話をしていたところ、二人とも日本がアメリカと戦争をした事を知らなかったという。現職の代議士がこの体たらくである事実に筆者は意気消沈する気力も落胆するエネルギーもなかった事を思い出す。先の大戦を知らないとは・・!

「歴史認識」を云々する前に「歴史そのもの」を知らない。小中高と何も学ばず、大学では遊び呆けていても親の地盤を継いで国家の枢要な地位を獲得できるこの国の惨状を象徴する事実といえよう。このような代議士が実在しているということの恐るべき実態にたいしてどのような気構えで対処していいのかその術をしらない。

鈴木敏明氏による「逆境に生きた日本人」の中で次のように記されている。「日本人は猿に支配されたら、団結して抵抗するより国民こぞって木登りの練習を始める民族である」と。

国民主権の国家の選挙民は、かくの如き無知蒙昧なアホでも「俺が先生様」として何にも考えずにイソイソと投票するのであろう。

次の次の総理と持ちあげられ、本人もその気になっている自民党や民主党の若手で有望な国会議員の頭の中身に不安を抱かざるを得なくなってしまう。小泉チルドレンとか小沢ガールズだけが問題なのではなく、既に当選回数を重ねている中堅すら怪しくなってしまう。

選挙民の意識レベルが絶望的で、選挙の土壌が痩せている事の速やかな改善が望めないならば何か方法を考えなくてはならない。
国会附属議員学園の小学部・中等部・高等部を作り徹底的なスパルタ教育を施し、国民に向かっても、海外に向かっても恥ずかしくない話が出来る知識教養を身につけさせるしかないのではないか。

あるいは、立候補者に一律に資格を問う試験を実施するなどの事が必要ではないか。すべての国会議員がそのような悲惨なレベルではないことは当然であるが、そのようなアホが同僚であるという悲哀と屈折から救済することも必要である。

人をみて選びたいが、今度の選挙も誰に投票したら良いのか難しい。
.11 2010 雑感 comment0 trackback0

パンとサーカス

パンとサーカス 
米国からの指示を受けた霞が関官僚が日本の政治の方針を決定し、政権与党に総理大臣を始め各閣僚の人事を依頼する。政権与党は内閣総理大臣には毒にも薬にもならない人物を選定し、各大臣には当選回数と派閥の事情でその選定を行う。

与党の実力者という怪しげな人物が暗躍し(かけずり回り)、利権という甘い汁を啜り合う疾しさを国民の目から隠蔽しながら、いかにも国家百年の体系に立っての決定であるかのごとくに粉飾したシナリオを書き上げる。かくして、外交には不向きな外務大臣や経済・金融なんかまるで不案内の財務大臣が出来上がる。

官僚たちは、大いなる事務の停滞を嘆きながらも、無知蒙昧にして護岸不遜な大臣の「箸の上げ下ろしから言葉の使い方」を隠微な冷笑を隠しながら面倒をみる。その間隙をぬって各省庁が省益と属人的利得を推進し、米国から忠実な属国の部下としての高い評価を付与され「出来る奴」との内外の地位を盤石のものとする。

その中でも、あの!今太閤のような人物が自力で権力の座をもぎ取った場合は、他国の力を仰いで徹底的に打ち砕いてしまう。さらに、今後このような人物の輩出の芽を根こそぎ刈り取りその土壌を塩で固める。その暴挙が齎す恐ろしさを政治家の身に染みこませる。

かくして残った権力亡者たちは、ますます日本の独自性を述べるような政治家を自分たちの中から排除し、それこそ総理大臣には「パーで軽い人物」を押したてるようになる。さらに、各大臣には、なまじ勉強した専門知識が豊富な人物は各省庁から「生意気な奴・扱いにくい奴・賢しらな奴」として忌み嫌われる人物以外の者が選ばれることになる。

各省の専門性に通じた人物はもともと各省の方針に逆らわず自分たちと仰ぐ太陽を同じくする者が歓迎され、「出来る大臣」とのレッテルを貼り賞賛する。大臣は選挙区で評価が高まり次期選挙で国会議員の席が確保されれば万々歳、ということになる。

そのような、政権与党と官僚の「合作映画」を裏の裏まで熟知するマスコミ界にとって、総理大臣叩き、閣僚叩きになんの遠慮は要らない。

壮烈な「叩きのドラマ」が始まる。あの「ローマ帝国」が執った「パンとサーカス」が壮大な規模で演じられるのである。視聴率と販売部数が最大の課題であるマスコミ界はあらゆる「劇場」に見せしめの人物を引きずり出し徹底的に貶める企画を練り上げる。

当然、その実施に当たっては所管の権力機構にお伺いを立て、自分たちの安全を確保していることは明らかである。裏取引も抜かりなく出来あがっているであろう。

「マスコミ対権力者」としての構図を鮮明にし、国の或いは日本社会の木鐸である衣装を身にまとい化粧を施した彼らを、多くの国民は「見える姿のとおり」受け止める。

日本の国家の方針とか世界における日本の立ち位置などはどうでもよい。ただただ「権力者叩き」という一見面白そうなショーに酔いしれ憂さ晴らしを行う。これからの国家に必要な貴重な人物であるにも拘らず、その人物が「金と女」のレベルで完膚なきまでにこきおろされ嘲笑われるショーにカタルシスを感じてしまう。

出演するキャスター・政治評論家・経済評論家・コメンテーターからはてはタレント・お笑い芸人に至るまで全員がシナリオを渡され、企画の方針に従って「口角泡を飛ばす芝居がかった」討論にもならない「我先お喋り」に視聴者が洗脳されてしまうというお寒い現状が我が国の日常性となってしまっている。

このような現状が「日本が発信する日本の今」になっていることの恐ろしさに鳥肌が立つ思いである。「世界の皆さん!日本の政治家はこんな破廉恥漢で無能なのですよ」「日本という国はこんないい加減な国なのですよ」と。

古代は「支那」から、近世は「西洋」から、そして敗戦後は「米国」から、学ぶ一方(しかも偏った情報や解釈)できた我が国は、日本のことは否定し、先進諸外国のことは「痘痕もえくぼ」式に盲信し、卑屈であったり謝罪を専らとしてきたことは周知である。

マスコミは或いは各界諸賢人は、諸外国から受信の一方、日本の素晴らしさを同じくらいに発信しなければならないと思うが、古代から今日に足るまで「盲目的に臣従する」か「ちょっと脅されるとすぐ謝罪」という日本のパターンから抜け出せていない。

日本のマスコミを見ていると、日本の権力者を身内レベルで打擲し続けることで「世界に何を発信」しようとしているのか。国力を減弱させ、世界からの信用を落としても各社の収入の方が優先なのであろうか。

新党が複数立ち上がり、次の参院選が天下分け目とは思えないが、もし少数ながらも「日本国家・国民」を真剣に考え使命感に燃える政治家がいるのなら、今までとは違った視点からの報道に取り組まなければならいと思うし、刻下の諸般の事情からTVなどの定番の出演者を総入れ替えする絶好のチャンスだと思うがいかがだろうか。
.24 2010 雑感 comment0 trackback0
 HOME 

プロフィール

須藤文弘

Author:須藤文弘




歯科医師(1942年2月生まれ)
医事評論家
歯科医療コンサルタント
NPO法人日本歯科保健機構 理事長
東京医科歯科大学 昭和43年卒

 

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR